妊娠中・産後に飲んだカフェインレス飲料

妊娠する前には毎日の様に飲んでいたコーヒー、今ではお腹に大事な子供がいるからコーヒーを我慢しなきゃ・・・なんて事はないでしょうか?
産後でも母乳に含まれてしまう可能性もある為、カフェインの入っている飲料は敬遠しちゃいますよね。

もちろん妊娠や出産をしていなくても、あまり大量に毎日飲んでいたり、体調が悪い時に飲んでしまうとますます具合が悪くなってしまいます。

今回は、妊娠中・産後に飲んだ、低カフェイン飲料を紹介したいと思います。

カフェインとは・・・

摂取することにより、興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬である。
カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。

適量でのカフェイン摂取の利点は多く、中枢神経系を刺激することにより、眠気を抑え、集中力を高めたりする効果がある。
また、血管を広げて血液の流れをよくしたり、腎臓の働きがよくなり尿が出やすくなる。
それ以外にも、消化管を刺激し胃酸の分泌を促すことで、食後のコーヒーはカフェインが消化を助けてくれることにより、胃に優しく効率の良い消化が出来るようです。

過剰に摂取してしまった場合には、副作用として血中濃度が急激に跳ね上がることや、頭痛、疲労感、不眠や吐き気、震え、心拍数の増加などを招く恐れがある。
精神面でも集中力が低下して落ち着きがなくなったり、焦燥感を抱くようになるなどの影響があるとされる。

それ以外にも、低カリウム血症になる原因とされているようで、不整脈や筋細胞の破壊により最悪の場合は死亡することも。
利尿作用があるため、カルシウムが不足している人が過剰にカフェインを摂取することによりカルシウムが体外に排出されてしまい、骨粗鬆症や高血圧になる可能性も上がるそうです。

妊婦がカフェインを過剰摂取すると、流産や胎児の発育の遅れを招く恐れがあるとされている為、
WHOはコーヒー3~4杯を上限とし目安としているようです。

つい最近話題にもなった、【スマートドラッグ】スマドラ、スマドラ
カフェインも同様に、頭の回転、集中力、スタミナを増強する効果があるとされ、記憶力の増強作用と刺激防壁作用があるほか、
ADD/ADHD(注意欠陥・多動性障害)治療などに用いられる場合があるとされており、その作用から中枢神経刺激薬と呼ばれることで学生がカフェイン剤を使用する等が見受けられましたが、
覚せい剤同様に依存性も大変強く副作用も出やすいため、カフェインの代謝機能が弱い子供は更に注意が必要な為、安易な考えで子供に早い段階からカフェインを摂取することは控えたほうがいいかもしれません。

カフェインが含まれる食べ物・飲み物

コーヒー豆、茶葉、カカオ豆、などに含まれています。

コーヒー・紅茶・緑茶・抹茶・ほうじ茶・烏龍茶・マテ茶・ほうじ茶・番茶・玄米茶・ジャスミン茶・ココア・コカ・コーラ・エナジードリンク・チョコレート・などなど列挙していくとキリがない位日常的に私達は摂取している可能性があるのです。

お茶は清涼飲料水よりも体に良いからといって、成分表示を見ずに飲んでしまうと逆に悪影響を及ぼす可能性も出てきてしまいます。

カフェインの一日限度摂取目安量

日本では、カフェインの摂取による影響は個体差により異なるため、正確な1日の摂取許容量を日本では定めていません。
もちろん、海外の方と比べてもカフェイン耐性が異なってきてしまうため人それぞれカフェインの限度量はあくまで個体差になってきてしまうことが前提になります。

世界と日本を比較しながら一日の許容量を見ていきたいと思います。

世界保健機関(WHO)
妊娠中は、母親の血液からのカフェインのクリアランス(消失)が著しく遅くなるため、
カフェインの過剰摂取は胎児の成長遅延、出生児の低体重、早産、または死産と関連する可能性が示唆されている。
一日のカフェイン摂取量が 300 mg を超える妊婦に対しては、流産や新生児の低体重リスクを低減するために、妊娠中はカフェイン摂取量を制限するように注意喚起している。

欧州食品安全機関(EFSA)
健康な成人では、カフェイン摂取量が1回当たり200 mg(体重70 kgの成人の場合:約3mg/kg体重)であれば急性毒性の懸念は生じない。また、同量のカフェインは通常の環境条件下における激しい運動の前2時間以内に摂取しても健康リスクへの懸念は生じない。
・典型的なエナジードリンク(成分の濃度:カフェイン約300~320 ㎎/L、タウリン約4,000mg/L、D-グルクロノ-γ-ラクトン約2,400 mg/L)は、
1回当たり200 mg以下のカフェイン摂取の安全性に影響を与えることはなく、また、約0.65g/kg体重の用量以内における純アルコールも、
1回当たり200 mg以下のカフェイン摂取の安全性に影響を与えることはない(原文のまま)。
・習慣的なカフェイン摂取に関しては、妊婦を除く健康な成人で400 mg/日以下であれば健康リスクへの懸念は生じない。妊婦については、
習慣的なカフェイン摂取200mg/日以下であれば、胎児に健康リスクは生じない。授乳中の女性については、1回当たりのカフェイン摂取200 mg以下、習慣的なカフェイン摂取200 mg/日以下であれば、健康リスクは生じない。
・子供及び青少年については、参照可能な知見が不十分ではあるが、成人と同様約3mg/kg体重を安全な単回当たりの摂取量及び習慣的一日当たりカフェイン摂取量としても適用できるとしている。

オーストリア保健・食品安全局(AGES)
2017(H29)年に、エナジードリンクに関する健康リスク評価の結果を公表しています。
主な内容は以下の通りで、EFSA の科学的意見書を引用しています。
・成人(18 歳~65 歳)にとって、1 回当たり 200 mg(70 kg の成人の場合:約 3 mg/kg 体重)までのカフェイン摂取は、
健康に悪影響を与えることはない。また、同量のカフェインが激しい運動の前 2 時間以内に摂取されたとしても健康へのリスクは生じない。
・食品等から 400 mg/日(約 5.7 mg/kg 体重)までのカフェインを毎日摂取しても、妊婦以外の成人にとって健康への懸念はない。
・妊婦では、一日 200 mg 以下のカフェイン摂取が胎児に悪影響を及ぼすことはない。
・一日 3 mg/kg 体重のカフェイン摂取は、子供(3 歳~10 歳)及びティーンエージャー(10歳~18 歳)にとって安全であるとされている。
・就寝直前に、1 回当たり 100 mg(体重 70 kg の成人の場合:約 1.4 mg/kg 体重)のカフェイン摂取は、一部の成人で睡眠障害を引き起こす可能性がある。
同様の睡眠障害は、就寝前に約1.4 mg/kg体重のカフェインを摂取した子供やティーンエージャーにも起こり得ると考えられている。

ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)
2016(H28)年にカフェイン含有飲料による健康リスクに関する情報提供のための動画を公表しています。
主な内容は以下のとおりです。
・カフェインの過剰摂取が引き起こす健康リスクについて、「短時間に過剰なエナジードリンクを摂取し、同時に大量のアルコールを飲み、激しい運動をし、短い睡眠しか取らないならば、状況によっては深刻な健康問題に苦しむことになる」として、注意喚起している。
・エナジードリンクは、1 缶(250 ml)当たり約 80 mg のカフェインを含み、カフェイン含有量はフィルターコーヒーのラージカップ(200 ml)とほぼ同量、紅茶 1 カップの約 2 倍、コーラ 1 缶または緑茶 1 カップの 2 倍以上である。
・健康な成人では、短時間で 200 mg(コーヒー約 2 杯、エナジードリンク約 2 缶)までのカフェイン摂取は安全とされている。
一日当たり、健康な成人はその約 2 倍量(400 mg)まで摂取しても健康リスクは生じない。
しかし、妊婦や授乳中の女性は一日当たりコーヒー2 杯までに制限すべきである。体重の少ない子供や青少年では許容量はそれ以下である。
・カフェインに対する感受性には個人差がある。一部のヒトはコーヒー1 杯でも睡眠障害を生じることもある。
従って、感受性の高いヒトは上記の量より少ないカフェイン摂取を心がけるべきである。
一部の集団(心血管疾患の患者等)では、高カフェイン摂取が特別な健康リスクに繋がる恐れがあるため、カフェイン摂取、特に多量摂取は避ける必要がある。

2017(H29)年に子供及び青少年のカフェイン摂取による心疾患系への影響に関する専門家会議の結果を公表しています。
主な内容は以下の通りです。
・小児及び青少年におけるカフェインの長期多量摂取(エナジードリンクの形態での摂取も含む)と、
心血管系への長期的な影響との関連性についての詳細な研究結果は現時点では得られていない。
・小児及び青少年によるエナジードリンクの過剰摂取による健康影響で既に分かっている
急性中毒から考えると、安全であるとされているレベルを上回るカフェイン摂取に繋がるエナジードリンクの過剰摂取は、
心血管系への負の影響を及ぼす可能性が考えられる。

フィンランド食品安全局(EVIRA)
2016(H28)年に、北欧諸国における子供と青少年に対するカフェインのリスク評価を行い、少量のカフェインでも次の副作用があることが示されました。
耐性の増加、禁断症状、不安、イライラ感などです。
主な内容は以下の通りです。
・体重 50 kg の青少年では、約 15 mg/日のカフェインでは副作用はみられないが、50 mg/日を超えると耐性が増加する可能性がある。
耐性の増加は、通常の摂取で発現するカフェイン依存症の兆候を示す。125 mg/日を超えると不安とイライラ感がみられた。
・コーヒー1 杯(200 ml)で約 100 mg、エナジードリンク 1 本(330 ml)で約 105 mg、コーラ飲料 1 本(500 ml)で約 65 mg のカフェインが含まれている。
成人では少量のカフェイン(体重 60 kg で約 85 mg)でも睡眠障害が生じる可能性がある。
カフェインは中枢神経系を刺激し、睡眠への導入を妨げ、睡眠の質や時間に悪影響を及ぼす。

英国食品基準庁(FSA)
2008(H20)年に、妊婦のカフェイン摂取に関して新たな助言を公表しています。妊婦がカフェインを摂り過ぎることにより、
出生児が低体重となり、将来の健康リスクが高くなる可能性、又は自然流産を引き起こす可能性があるとし、
以前は 300 mg を上限とすることが望ましいとしていましたが、
新たな助言においては、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を 200 mg(コーヒーをマグカップで 2 杯程度)、までに制限するよう勧めています。

カナダ保健省
2017(H29)年に、カフェインの安全な推奨摂取量について情報提供を行っています。
内容は以下のとおりです。
・カフェインは、食品や飲料以外に、エナジーショット(注)や一部の市販風邪薬・頭痛薬などにも含まれる。
全ての製品の表示ラベルを注意深く読んで、常にそのラベルの指示に従うことが重要。
・ 少量のカフェイン摂取はほとんどのカナダ人にとって懸念はないが、過剰摂取は不眠症、頭痛、イライラ感や緊張感を引き起こす。
カフェインに対する感受性の高い人々は、少量の摂取量でもこれらの有害作用を経験する場合がある。
・妊娠している可能性のある女性又は妊婦のカフェインの過剰摂取は、流産や新生児の低体重のリスクを高める可能性がある。
子供もまた有害作用を受けるリスクが高い集団である。

(注)1 本当たり 90 ml 以下のカフェイン入り飲料。
カナダ保健省が推奨するカフェインの最大摂取量は以下のとおり(2012 年に同省が公表した値と同じ)です。
子供及び青少年の推奨摂取量は、2.5 mg/kg 体重/日を基準とした体重に基づく値です。
・健康成人:一日に 400 mg 未満(コーヒーでは、マグカップ(237 ml 入り)で約 3 杯)
・妊婦又は授乳婦及び妊娠を計画している女性:一日に 300 mg 未満(コーヒーでは、
マグカップ(237 ml 入り)で約 2 杯強)
・4~6 歳児:一日に 45 mg 未満
・7~9 歳児:一日に 62.5 mg 未満
・10~12 歳児:一日に 85 mg 未満
・13 歳以上の青少年:一日に 2.5 mg/kg 体重未満
なお、同省は、2012 年にカフェインに関するファクトシート「食品中のカフェイン」(2012年 2 月 16 日更新)を公表しています。
2015(H27)年に、カナダにおけるエナジードリンクの潜在的な健康リスク評価の結果を公
表しています。
・典型的なエナジードリンクを、1 缶(250 ml)当たり
「カフェイン 80 mg、タウリン 1,000mg、グルクロノラクトン 600 mg 及び複数のビタミン B 類を含む飲料」としてリスク評価を行った結果、
一般的な成人では、一日 2 缶までは健康に影響を与えないと結論した。
・他の集団、特に子供では、推奨するカフェインの最大摂取量を順守するよう注意喚起している。

国際生命科学研究機構(ILSI)北米支部
2017(H29)年に、ILSI 北米支部は、カフェインに関する膨大な数の論文を系統的にレビューして分析し、その結果を報告しています。
・健康な成人で 400 mg/日以内、健康な妊婦で 300 mg/日以内の摂取量であれば、有害作用のリスクはないことが確認された。
・健康な子供や青少年にとって、一日当たり 2.5 mg/kg 体重以内は適切な推奨摂取量であることも確認された。
注)これらの推奨最大摂取量は、2017(H29)年にカナダ保健省が公表した「カフェインの安全な摂取基準量に関する情報」においても提供され、
従来からの値が維持されている。

米国食品医薬品庁(FDA)
2015(H27)年に、純カフェイン粉末使用の危険性に関して繰り返し注意喚起をしています。
・FDA は純カフェイン粉末が直接消費者に販売されている(インターネットで入手可能)
ことを警告し、そのような製品を避けるよう勧告している。
・純カフェイン粉末は基本的に 100 %カフェインで、ティースプーン 1 杯は約 28 杯分のレギュラーコーヒーに相当する。
・純カフェイン粉末は強力な興奮剤でごく微量でも過剰摂取になることがある。
・過剰摂取の症状は、異常な心拍数増加、発作、死亡などを含む。嘔吐、下痢、昏迷、見当識障害なども生じる。
・これらの症状は、コーヒーや紅茶、その他のカフェイン飲料の飲み過ぎで生じる症状より重度になる可能性がある。

米国疾病管理予防センター(CDC)
2017(H29)年に「カフェインとアルコール」のファクトシートを更新しています。
・エナジードリンクのようなカフェインを多く含む清涼飲料とアルコールを混ぜて飲むことや同時に摂取することの危険性について、
特に、このような飲み方を好む若者に対して注意喚起している。
・カフェインがアルコールによる機能低下を隠すことにより、結果として過剰飲酒となってしまい、アルコールによる健康への悪影響を受けやすくなる。
・カフェインはアルコールの肝臓での代謝には影響を与えず、呼気や血中のアルコール濃度を低下させることもない。

オーストラリア・ニュージーランド食品基準機関(FSANZ)
2015(H27)年にカフェインに関する改訂ファクトシートを公表しています。
主な内容な以下のとおりです。
・ カフェインの摂取量について、カフェインの作用のひとつである不安をもとに、約 3mg/kg 体重/日を指標として設定した。
この量は、子供(5-12 才)では一日約 95 mg(コーラ約 2 缶)、成人では一日約 210 mg(インスタントコーヒー約 3 カップ)に相当する。
・エナジードリンクについては、子供、妊婦もしくは授乳中の女性及びカフェインに感受性の高い人々には適さない旨を表示するよう義務付けた。

ニュージーランド第一次産業省(MPI)(前ニュージーランド食品安全庁(NZFSA))
2012(H24)年に、カフェインに関する改訂ファクトシートを公表しています。
主な内容は以下のとおりです。
・健康な成人がカフェインを 400 mg/日(体重 70 kg の成人の場合:5.7 mg/kg 体重/日)まで適度に摂取しても、健康への悪影響の可能性はない。
・限られた科学的知見からではあるが、子供にとっては、カフェイン摂取量が 2.5 mg/kg/体重/日以下であれば、健康に悪影響を及ぼすことはないとしている。
・妊娠可能な年齢の女性は、カフェイン摂取量 300mg/日(体重 65 kg の女性の場合:4.6mg/kg 体重/日)以下を守るべきである。

出典:食品安全委員会さんHP 食品中のカフェインより

デカフェ・ノンカフェイン・カフェインフリー・カフェインレス

一日の許容摂取量が日本では定められていないため、デカフェの定義もまた同様に日本ではカフェインレス・デカフェ・ノンカフェインといってもカフェイン表示の基準や法律がまだないので各メーカーが発表している値を基に参考にしなければなりません。

コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約・施行規則 対照表にてある程度の定義付がされている為、それらを基に紹介したいと思います。
日本国内(コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約・施行規則 対照表抜粋)
「コーヒー入り清涼飲料(カフェインレス)」とは、カフェインを90%以上除去したコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分のみを使用したものをいう。

国内での基準値が定められていない以上は90%以上除去したコーヒーである、カフェインレス表記のものを選ぶのがオススメです。
ただし、闇雲にカフェインが入っていなければ安心できる訳ではありません。
カフェインの除去する方法によっては逆に有害な物質が含まれてしまう可能性が出てきます。

・有機溶媒抽出

世界で最初の脱カフェイン法です。現在では輸入法により薬品を使用したコーヒー豆は禁止されているため、個人輸入で海外から購入する際には、この有機溶媒抽出法によってカフェインを除去した製品は控えるようにしましょう。

・水抽出

コーヒー生豆を充填した槽に水を通してカフェインを水溶性成分ごと抽出し、この抽出した水槽から有機溶媒でカフェインを抽出除去する。カフェインを除いた後の水相は、残留する有機溶媒を除いた後で再び生豆の槽に循環され、有機溶媒で抽出されなかったカフェイン以外の水溶性成分が再び生豆に戻される方法です。
水抽出によって抽出された製品は、直接製品に対して有機溶媒が触れない工程の為、安全性や本来の旨味の損失を抑えたりすることがメリットになっているようです。
ただし、直接製品に有機溶媒が触れていないとしても有機溶媒の懸念がある方はオススメできないかもしれません。

・超臨界二酸化炭素抽出法

二酸化炭素を使用してカフェインを除去する方法です。
有機溶媒を使用することが無くカフェインの除去率が100%に近い状態で除去が可能なのですが、コスト的な部分から超臨界状態を使用して除去する製品は少ないと言われているようです。

おすすめの低カフェイン飲料

結果的に妊娠中の方であれば、カフェインは極力避けたいというよりも無い方がいいですよね。
けどただでさえ辛い妊娠期に制限をされるのはなかなか辛いものです。
そこで今回はノンカフェインやカフェインレスの飲料を紹介したいと思います。

▼毎日作っても安い!夏の水分補給にもおすすめの麦茶です。

▼私の中では一番カフェイン入のコーヒーに入った味がして、妊娠中や産後まで飲んでいた商品です。(超臨界二酸化炭素抽出法)

▼カフェイン除去率97% カフェインレスコーヒーです、実際の飲み口はカフェイン入のインスタントコーヒーと比較して若干薄い感じがしました。(水抽出法)

▼スティックタイプは結構甘みが強いので甘党ではない方は、お湯で薄める必要があるかもしれません。

▼ちょっと適正の方法で溶かして飲むと私の口には甘すぎるので若干お湯を多く入れて飲んでいます。(水抽出法)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。