離乳食を本格的に開始するようになると便秘になった

2/22追記 謎の便秘から水分補給を意識して生活を送るようにしていますがあれ以降うんちが固くなることが少なくなり、排便は2日に1回、たまにうんちが若干固めで出てくることがあるようですが本人が泣くほど固くはなく、それ以外は緩いうんちが出ているのでやはり今回の便秘は水分不足にあったと思われます。

2/15追記 やはり粉ミルクやフォローアップミルクを水分と計算せずに、一日の水分補給を水や、お茶、ポカリなどで約200ml以上飲ませることでうんちの固さが元に戻って便秘も何とか改善しているようです。

あっという間に10ヶ月を迎え、間もなく検診を迎える頃となりました。
離乳食の記録としては、他の子がどこまで進んでいるかが分からないので何とも言えないのですが、我が家では教科書通りの回数はあげられていません。

理由がいくつかあるのですが、
1つは自分なりに色々な文献を見る中で、栄養価がどう考えても粉ミルクに勝る離乳食メニューを考えることが出来なかったからです。
10倍粥や5倍粥にした場合、前回もお話をさせていただいた通り水分量が多くなってしまい、米に含まれている栄養価が0に近い状態になってしまう為、正直食べ物を食べることの練習以外の何にもならないと思いました。

同時にちっちも味を覚えてくる為、なるべく塩分控えめで食事メニューを作ってあげていたのですが、どうしても味気のない味は嫌なようで鰹節などで味を若干出してあげることでようやく食べてもらえるようにはなりました。

硬いものをある程度食べれるようになったので、いざ本格的に栄養バランスを考えた食事メニューを考えた際に、やはりどうしても栄養価ばかりに目がいってしまい、一回の食事量およそ200g程度を摂取した際の栄養価が粉ミルクには到底届かない部分が多く、離乳食づくりの課題になっています。

勿論様々な食べ物を食べさせることはとても大事なことなのは承知のうえですが、固いものを口で潰すことだけを考えた場合、主食を必ずしもご飯に絞る必要性は無いと思っているので、味気の無い離乳食の代わりにバナナやリンゴ、さつまいも等を大量にもらったこともあり、きな粉と一緒にかけて食べさせたりとなるべく自然の味付けで栄養を摂取させてあげているつもりです。(いくら自然の味付けとは言っても果糖は他の糖分と同じように血糖値を上昇させてしまいます・・)

ただでさえ小さめに産まれてしまったこともあるので当然親としては大きく育ってもらいたいもので、病院の先生が言うように成長曲線が低い位置からスタートした場合にはなかなか大きくすることは大変だと思うけど~と言われ、覚悟はしていましたが、成長曲線はいつもギリギリ下のラインを停滞している状態です。

フォローアップを推奨してくる時期は丁度、赤ちゃんの体内の貯蔵鉄が無くなってくる頃なので安易に離乳時期を早まらせてミルクの回数を減らし栄養価の少ない離乳食をメインに移行させることで体内の鉄分を欠乏させてしまうのではないか?なんて事も考えたりもしました。

かと言っても、10ヶ月頃に完ミにすると月々のミルク代が物凄い事になります。一回の調乳で、さじ11杯を使うので一缶2000円近くする粉ミルクが一瞬で消え去ります(笑)

それに加えて当然成長するにあたって歯も生えてきているので成長段階としてもいつまでもミルクに頼っている訳にもいきません。

噛む練習は当然大事だからです。

そんなこんなで栄養価云々なんて綺麗事が言いたくても言えなくなってしまう家庭事情・・・

そして最大の理由の1つ 便秘 

便秘に関しては産まれてからずっと悩んでいたのですが、ハイハイ等で自分で動けるようになってからは1日~2日に一回のリズムで自分で出すことが出来るようになったので運動不足が原因という事で解決しました。

した はずでした・・・・

本格的に離乳食を開始し、ご飯や野菜、粉ミルクと順調に食べていたのですがどうやら離乳食の回数を増やした際にうんちが固くなることによる便秘というか糞詰まりになる頻度が多くなってしまいました。。

ココ最近で便秘がまた再発してしまっている感じなので長くなりましたが今回は離乳食開始期の便秘改善について考えてみたいと思います。

続:便秘になった原因を切り分けてみる

今回の便秘の症状は、2日程度うんちが出ない時に自分で頑張って力んでいるにも関わらずうんちが固くなってしまっているようで、痛くて物凄い泣いてしまって、それでも頑張って力んでみるも出なくて痛くて泣いてしまうの繰り返しが続く状態でした。

当然うんちが固くなってしまっているようでコロコロが一つおむつに転がっているだけで、その後にも何回か自分で力みはするのですが、痛くてダメなようで最終的に昨夜に浣腸をしてあげてなんとか出せた状態です。

運動不足に関しては以前よりも活動的になっていることもあり、そこまで運動不足が原因で便秘になっていることはないのかなと考えています。

水分不足に関しても当然視野に入れているので、定期的に麦茶を飲ませることで補給させている量は他の子よりもあげている自信があります。

また、前回の便秘記事でも紹介させていただきましたが現在も買い溜めしておいた整腸剤を朝イチのミルクに便秘予防として入れてあげています。あまり入れすぎてしまうとお腹がゆるくなってしまう可能性があるので今は1日の朝ミルクに1回だけ入れてあげています。入れすぎてしまった場合にはうんちが酸っぱい臭いがするような気がするのでそれで反省して調整するしかないです。

直近の便秘が始まったであろう前々日あたりまで遡って育児記録を見てみることに。

220ml粉ミルク/ハイハイン3枚+麦茶40ml/200ml粉ミルク+すりりんご30ml/50ml麦茶+バナナ0.9本/100ml麦茶+すりりんご+バナナ/220ml粉ミルク(寝る前にいっぱいのうんちを出してる)

次の日が、

220ml粉ミルク/100ml粉ミルク+バナナ1本/220ml粉ミルク/220ml粉ミルク+バナナ半分(うんち無し)

その次の日が、

220ml粉ミルク/100ml粉ミルク+バナナ1本/90ml麦茶+すりりんご茶碗半分/220ml粉ミルク(夕方に自力で力むも痛くて泣き止まない為浣腸)

 

前々日がうんちの量としては結構出ていたので、問題になっていたのは恐らく今回に関してはバナナの日だろうと判断。

バナナはお通じに良いとされている気がしたけどちっちには逆に便秘になってしまうのかな・・?

ただその日の水分補給を見ても飲んでなかったようなのでもしかするとやはり今回も水分不足だったのかなとも思われます。

マグカップに麦茶を入れて定期的に飲ませようとはするものの飲んでくれる時と飲んでくれない時は首を横に振るだけならまだいいものの思い切り手で払いのけられるので困ったものです・・・

10ヶ月頃の便秘対処法

我が家で実施してみて改善?出来たと思われた便秘改善法なので個体差はあると思われます。

・水分補給第一!

これが一番重要なのではないかと思います、粉ミルクは水分量に含んでません。一日を通して定期的に水分を補給させることでうんちが柔らかくなっているのは間違いないと思います。

水分補給の目安ですが、ちっちのうんちが柔らかくなるには一日に麦茶200mlは飲まないと便秘または固いうんちになってしまうようです。

ある程度成長すると麦茶の味が美味しくないのがバレてしまい断固拒否の姿勢を取られてしまう場合があり、水分補給をさせてあげるにも一苦労してしまう場合が出てきます。

そういった時はやむを得ないので、我が家ではスリりんごの残り汁を麦茶に入れたり、ちょうど保管用で余っていた味が付いている清涼飲料水(幼児用のポカリスエット)を与えています。

清涼飲料水は糖質が高いので現役を水で2倍から3倍程度に希釈して飲ませるようにしています。(あくまで水分補給なので・・)

麦茶以外の味がついている飲み物を与える場合には、赤ちゃんも美味しい事を知っているので無くなるまで飲んでしまうようです。

マグカップ等に入れる場合には一度にたくさん入れるのではなく、50ml程度入れてあげたほうがいいかもしれません。

一番初めにあげたときは150ml全部一度に飲まれてしまいました・・・さぞ麦茶が嫌だったのか・・

ちょっと味がついただけでゴクゴク飲んでしまうコイツは~!

個体差にもよりますが、一回の粉ミルクを飲む量が一日に必要な水分補給量なのではないかと考えています。

・離乳食を丸一日中止して粉ミルクと水分補給のみにする

粉ミルクを飲ませておけば取り敢えずは栄養は確保できるだろうという安易な考えのもとの作戦ですが、結構体内のリセットが出来るのか、次の日には自力で柔らかいうんちが出ていることがあったので効果はあるかもしれません。
何度も言いますが粉ミルクの量は水分補給にカウントしないでください、必ず定期的に水や茶などで水分を補給することが大事だと思います。

・便秘改善はバナナよりもりんご!

ちっちだけかもしれませんが、バナナは逆に便秘になりやすいのかもしれないです。

りんごの日と、バナナの日だけを比べた際にやはりバナナをあげた日に便秘になっている回数が多いです。

もし便秘になっているようであればリンゴをあげたほうが効果はあるかもしれません。

・最終奥義浣腸

新生児や小さい頃は出来なかった浣腸が遂に使えるようになります、というよりも便秘の糞詰まりは使わざるを得ないです・・

ただし、小さい頃と違いお尻に何かされているのが気持ち悪いと認識しているので浣腸をすると大泣きします、そして入っている最中も泣いてしまう場合があります。

過去にお腹をマッサージして便秘改善を促す記事を書かせていただいたのですが、大きくなるにつれてくすぐったくて力まなかったり、逃げ出してしまうことが多くなってきていると思うので浣腸が最悪最終手段になってしまうと思われます。

どちらにせよ一人で頑張ってうんちを出したいのに出なくてお尻が痛くて泣かれるよりは全然マシなのでかわいそうですが耐えるしかないです・・
うまくまとめることが出来ませんでしたが便秘・・・改善してくれるといいな・・・

皆さんの便秘解消方法をコメントにいただけると参考になります!

▶ちっち愛用のマグカップ お口トレーニングに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。