水道水 トリハロメタン 塩素 2018 昔から現在

日本の水質基準は厳しく高い

日本の水質はとても基準が厳しくハードルが高いってご存知でしたか?

因みにこの基準値って皆さんが安心して飲んでいるミネラルウォーターの基準値よりも厳しく検査項目が多いって言えば厳しいのが何となく分かってきましたか?

水道水は、水道法第4条の規定に基づき、「水質基準に関する省令」で規定する水質基準に適合することが必要です。

項目  基準  項目 基準
 一般細菌  1mlの検水で形成される集落数が100以下  総トリハロメタン  0.1mg/L以下
 大腸菌  検出されないこと  トリクロロ酢酸  0.03mg/L以下
 カドミウム及びその化合物  カドミウムの量に関して、0.003mg/L以下  ブロモジクロロメタン  0.03mg/L以下
 水銀及びその化合物  水銀の量に関して、0.0005mg/L以下  ブロモホルム  0.09mg/L以下
 セレン及びその化合物  セレンの量に関して、0.01mg/L以下  ホルムアルデヒド  0.08mg/L以下
 鉛及びその化合物  鉛の量に関して、0.01mg/L以下  亜鉛及びその化合物  亜鉛の量に関して、1.0mg/L以下
 ヒ素及びその化合物  ヒ素の量に関して、0.01mg/L以下  アルミニウム及びその化合物  アルミニウムの量に関して、0.2mg/L以下
 六価クロム化合物  六価クロムの量に関して、0.05mg/L以下  鉄及びその化合物  鉄の量に関して、0.3mg/L以下
 亜硝酸態窒素  0.04mg/L以下  銅及びその化合物  銅の量に関して、1.0mg/L以下
 シアン化物イオン及び塩化シアン  シアンの量に関して、0.01mg/L以下  ナトリウム及びその化合物  ナトリウムの量に関して、200mg/L以下
硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素  10mg/L以下  マンガン及びその化合物  マンガンの量に関して、0.05mg/L以下
 フッ素及びその化合物  フッ素の量に関して、0.8mg/L以下  塩化物イオン  200mg/L以下
 ホウ素及びその化合物  ホウ素の量に関して、1.0mg/L以下  カルシウム、マグネシウム等(硬度)  300mg/L以下
 四塩化炭素  0.002mg/L以下  蒸発残留物  500mg/L以下
 1,4-ジオキサン  0.05mg/L以下  陰イオン界面活性剤  0.2mg/L以下
 シス-1,2-ジクロロエチレン及び
トランス-1,2-ジクロロエチレン
 0.04mg/L以下  ジェオスミン  0.00001mg/L以下
 ジクロロメタン  0.02mg/L以下  2-メチルイソボルネオール  0.00001mg/L以下
 テトラクロロエチレン  0.01mg/L以下  非イオン界面活性剤  0.02mg/L以下
 トリクロロエチレン  0.01mg/L以下  フェノール類  フェノールの量に換算して、0.005mg/L以下
 ベンゼン  0.01mg/L以下  有機物(全有機炭素(TOC)の量)  3mg/L以下
 塩素酸  0.6mg/L以下  pH値  5.8以上8.6以下
 クロロ酢酸  0.02mg/L以下  味  異常でないこと
 クロロホルム  0.06mg/L以下  臭気  異常でないこと
 ジクロロ酢酸  0.03mg/L以下  色度  5度以下
 ジブロモクロロメタン  0.1mg/L以下  濁度  2度以下
 臭素酸  0.01mg/L以下  (空白)  (空白)

引用:水質基準項目と基準値(51項目)

トリハロメタンと残留塩素の研究

<昭和55年大阪市水道局浄水場の煮沸テスト>

煮沸するとトリハロメタンの数値が数倍に跳ね上がる為、ほぼ完全に除去するには煮沸時間を50分程度必要である。

引用:http://www.pur-eau.com/hazardous/

 

<美作女子大学の水道水中のトリハロメタンの煮沸除去に関する研究>

上記グラフは一部です。(必ず引用先資料に目を通して下さい。)

煮沸により最終的には消失する、またTHMの消失時間は採取したサンプルにもよりますが、およそ4分~10分程度の短時間の煮沸で十分に全THM濃度が減少することが示されています。

引用:水道水中のトリハロメタンの煮沸除去に関する研究

 

<仙台市水道局の平成29年度水質調査>

No. 水質項目 水質基準 最高 平均
27 総トリハロメタン 0.1mg/L以下 0.032mg/L 0.013mg/L

引用:仙台市水道局

 

水道水の品質は問題ない

平成29年の水質調査結果を見ていただくと分かりますが、他の有害物質の調査結果も定める基準値よりもかなり低いことが分かります。お住まいの地域の水道局のサイトをチェックしてみるといいかもしれませんね。

世界でも水道水が飲める国はとても数が少なく、国によっては水のほうがジュースよりも高いところもあるそうです。その中でも日本はより品質には厳しくチェックをして水道水を飲み続けても健康に影響を生じないように、安全性を十分考慮して管理されているのです。

あまりにもニオイに慣れない場合はやはり、ウォーターサーバーを使用するのが一番早いですが、水道蛇口に浄水器を取り付けることでも簡単にニオイは除去出来てしまうのでオススメです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。